京都城陽市にある自家製天然酵母ぱん工房の販売と教室のお知らせブログ。since2005/07/20


by honoka176

プロフィールを見る

教室の詳細です!

レッスンスケジュール
 スタートレッスンこちら
 自家製酵母レッスンこちら
 パン旬レッスンこちら

オンラインショップ(パン通販)ぱんほのか panhonoka

教室販売カレンダーこちら

リンク
  パン教室ナビ
  料理教室検索クスパ

カテゴリ

全体
ぱん販売について
教室の様子
手作りぱん
手作り発酵菓子
手作り料理
パン修行
お料理修行
素敵な出来事
おいしい情報
家族
ぱんな出来事
教室の様子

検索

外部リンク

以前の記事

2017年 09月
2017年 03月
2017年 01月
more...

<   2008年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

リースの飾りパン

e0030587_1325070.jpg

いよいよ明日から12月です。
クリスマス仕様に飾りパンもリース型にしてみました。
(明日教室に来て下さる生徒さん、置き型とリース型、
どちらにしますか?)

12月と聞くと何かと気ぜわしくなりますが、今年は早めに
日頃ほっぽらかしている場所をきれいに片付け大掃除する!
するとお部屋のどこにリースを飾ろうか?なんて気になると
思う。
お掃除の合間には手作りのシュトーレンを食べながらほっと
一息、エスプレッソを飲みながら又片付けに精を出す・・・

これが私の年末の理想と目標です。
[PR]
by honoka176 | 2008-11-30 13:16 | 教室の様子

キャラメルクリームと全粒粉ごまじょうゆベーグル

e0030587_21443194.jpg
e0030587_2145668.jpge0030587_21452484.jpg

大葉に玉ねぎ味噌を包んで巻込んだ全粒粉ベーグルにゴマじょうゆ。
(これいけます。)
シナモンクリームチーズもいいけどさっと簡単に作れる甘さを押さえた
キャラメルクリームが全粒粉によく合うので渦巻き成型にしてみました。
このクリーム美味しいのでたっぷり食べたい人は巻込むより後でデップ
として塗ってどうぞとテーブルに・・(ジャムの瓶のがそう)

ランチは昨夜焼いたホシノのトーストが鶏とチンゲン菜のキノコたっぷり
スープによく合い、素朴な国産小麦(春の香り)の味とサックリもっちり感
が大人気でした。(おぉよかった〜)

ちなみにベーグルは生の白神こだま酵母で。
この酵母、手早く発酵するのに美味しいパンになってくれるのが何より嬉しい。
イーストと同じくドライより生、絶対、生が美味しい!(ビールじゃないけど)
[PR]
by honoka176 | 2008-11-26 22:00 | 教室の様子

ホシノの山食を武蔵で焼く

e0030587_2314356.jpg
たった一個だけ試し焼き。
冷蔵庫で二年も前に買って眠っていた賞味期限切れホシノ酵母を引っ張り出して
種起こしてみたら一応ブクブクしてきたので乳製品と油脂抜きでシンプル&
オーソドックスにホシノ酵母の基本のレシピに忠実に焼いてみました。
だから一個だけ、大きな武蔵の窯の中に放り込んでスチーム入れてみたかったから。
e0030587_2365836.jpg

やはりスチームのおかげで表面の色艶は良い・・でも酵母が古いから?
窯伸びが今ひとつぱっとしないような・・いやこれは私の成型のせい?
いや低温から徐々に窯の温度を上げる焼成方法ではダメってことなのか??
下火の効きが悪かったから・・?だから側面の色が少々薄いんだ。

武蔵はガスコンベクションオーブンと勝手が全然違う・・・
次回から20℃アップでやってみよ!(楽しっ。)

昨夜夜中にエキサイトブログでメンテナンスがありまして、居眠りして
書いた中途半端な文章がupされているのに気付いて直そうとしたら
修正不可能になってしまってて今迄忙しく修正できませんでした。
意味不明の文章のままブログupして、大変失礼しました。
^^;/


[PR]
by honoka176 | 2008-11-25 23:28 | 手作りぱん

飾りパン講習

e0030587_1432160.jpg
倉敷にある野のはな工房のtampopoさんから念願のパリの香りのする
飾りパンを教えていただき、壊れないように厳重にプチプチシートで
ぐるぐる巻きに梱包し、大事、大事に持って帰って参りました。
横幅30cm以上もある大きい塊ですので、今どこに飾ろうかと思案中です。

パン生地で作るこの飾りパン、一度 体験するととっても楽しくて
次作る時には、あーしょうこうしょうと次々アイデアが浮かんできます。

時には食べてお腹がいっぱいになり満足するパンもいいですが
作って楽し、見て楽し、心が満足する飾りパンも良いものです。

だって美味しいパンは消えて形はなくなってしまいますが
世界でたった一つのオリジナルディスプレイブレッドは
しばらく自分のそばに置いて楽しめますもの、嬉しいです。

永遠ではないけど、形が残るパンも日頃パンをこよなく愛する人なら
「食べられるパンがいいなぁ・・」なんて言わずに、12月の教室メニュー
として登場させますので是非一度作って体験してみてください。
自分で作ったパンが可愛く愛おしくなりますよ。^^

まだ今はそばに寄るとパンの小麦の香りが香ばしく漂い
アロマ効果で嗅覚とパンの素朴な風合いで目で見る視覚の両方を
楽しませてくれています。
[PR]
by honoka176 | 2008-11-21 14:42 | 手作りぱん

シュトーレンのラッピング

e0030587_11164329.jpg
穂の香教室11月メニューのシュトーレンはパウンド型に入れて
焼き上げているのでラッピングしやすく又、カットして食べる時にも
端っこと真ん中の大きさの差があまりないので仲良くみんなが公平に
食べられる所が良いですね!

レーズン酵母エピは国産豚の無添加ベーコンに粒マスタードと
粗挽きコショウ、そして大葉が入って飽きない三種のバリエーションです。

e0030587_10433610.jpge0030587_10434982.jpg

11月ランチメニューは「水菜とパルミジャーノチーズサラダ」に
「鶏とチンゲン菜のきのこたっぷりスープ」それに今月は特別
クリスマス仕様のドリンク「ホットワイン」でとってもお腹も
身体も温まりました。
(といっても昨日は雨降りだし教室内はオーブンの熱気でムンムン)

このホットワインはイギリスのクリスマスイヴの夜にキャンドル
サービスで各家庭に廻って来てくれる聖火隊の方々に振る舞う
飲み物だそうで、寒さで冷えた身体を温めてくれるのです。
もちろんお鍋で20分間火を入れるので
アルコール分は飛んでしまってゼロ、でもワインにオレンジと
レモンの香りにスパイスがきいてなかなか美味、オサレな飲み物で、
お車でお越しの生徒さんにも大好評です。

ホット&スパイス効果で身体がポッカポカ。
血行が良くなるのでこれからの季節にぴったりの健康ドリンク
って感じで、香りよく味よくこの冬のmyブームになりそうです。
[PR]
by honoka176 | 2008-11-17 11:14 | 教室の様子

シュトーレンと酵母クレープ

e0030587_8525226.jpg
        穂の香のシュトーレンはパウンドケーキ型に
        入れて可愛く焼き上げています。
        これを見ると今年もX'mas、いよいよ
        年末ムードで気分も盛り上がりますね!
        このシュトーレン、美味しく頂けるのは
        やはり5〜6日過ぎた頃からかな・・?
        今はじっと我慢の子であります。

e0030587_8574217.jpge0030587_942739.jpg
        そして、
        基礎体験メニューの丸パンと酵母クレープも
        モチモチでやっぱり何度食べてもとっても
        簡単で美味しい〜いつもながら大好評です。


e0030587_964593.jpg←おまけ画像(吸水70+ルヴァンリキッド入りメゾンカイザーバケット、気泡やたら大、でも成型メチャしにくくて失敗><;)



e0030587_973747.jpg

これからの季節、お世話になった方への年末の贈り物に、そして持ち寄りパーティーなどには、この『パウンド型シュトーレン』がお土産だなんてとってもオッサレ〜で、素敵でしょ!?
ぜひ教室でお勉強くださいました生白神こだま酵母の簡単シュトーレン
今年の年末にはどんどんご活用くださいませ。
[PR]
by honoka176 | 2008-11-15 15:47 | 教室の様子

高台寺と霊山観音

e0030587_1957681.jpg
e0030587_19574729.jpg
e0030587_19581869.jpg

毎年やって来るこの日は京都東山の紅葉の始まり、
高台寺のお庭から母の眠る霊山観音さんの横顔が見えます・・
いつ来ても賑やかな高台寺の駐車場から市内を眺めると
八坂の塔と京都タワーが絵葉書のように目に飛び込んで来て
思わず同じショットでシャッターを切ってしまいます。

この日この後、噂では知っていたけれど有名日本画家になっている
父方の従兄弟「西田俊英」の個展がちょうど四条大丸の画廊で開催して
いたので出掛けました。
立派になって活躍している従兄弟の姿に日頃忘れていた幼い頃の思い出が蘇り、
同時に不思議と自分自身の魂のルーツに会えたような懐かしい感覚の作品の数々、
産みの苦しみを乗り越え出来上がったものには人の心を動かす力があると
改め教えてくれる従兄弟の作品と存在に感謝です。
亡き父と母の両方に逢えたような気がしました。
e0030587_82233100.jpg

[PR]
by honoka176 | 2008-11-08 19:55 | 家族

11月の勉強

e0030587_6265445.jpg
どっさり入るラム酒漬けのドライフルーツ。
これが入るから美味しくなるの。
ドライフルーツを食べるドイツの発酵菓子、「シュトーレン」。

毎年これをお勉強したらすぐに年末がやってきます。

ほんのり甘い「パン・オ・レ」とオリーブオイルをつけて「ハーブパウンド」

e0030587_635577.jpge0030587_6353266.jpg















 
そして今日の特別講座はO先生の『塩キャラメル・ム〜』でした。
たくさんの研究の成果とコツをわかりやすく教えていただき
お砂糖ひとつでも奥が深い〜と、とても良い勉強になりました。

e0030587_6483956.jpge0030587_649963.jpg
[PR]
by honoka176 | 2008-11-08 06:57 | パン修行

武蔵の試運転・フランスパン編

e0030587_1648864.jpg
e0030587_16484829.jpge0030587_1649727.jpg















うっかりスリップピールで窯入れの一瞬、写真を撮ることなど忘れて大急ぎで
生地を入れてしまってスチームの水を注ぎながらこんなものかな〜??
いや〜、もう少し入れてみよ〜なんて庫内を覗きながら・・・
「ああー!やっちまったなぁ〜」でした。

仕方がないので焼き上がったバゲッドを乗せての撮影でご勘弁を。
こんな具合に窯の中にスリップピールを完全に入れ込んで手前に取っ手を引くと
布が回転して3本の生地が同時に窯の床面に乗る仕組み。
なかなか失敗がない、このスリップピールは本格的。
上下火の調整機能が付いているこのオーブンは下火が効くのでとにかく高さ出て
まん丸でコロコロ転がるほど。
釜から出したら側面がバリバリ、パチパチ音をたて割れてくれるし
スチームのおかげで色艶も良好、いい感じ。

e0030587_1651849.jpge0030587_16513619.jpg









だたスチームは水を50ccしか入れてはいけないのに適当にやかんから
注ぎ入れ、入れりゃ良いってものでもなく後で聞くとスチームの出し過ぎも
返って庫内の温度を下げクープがのっぺりらしい。

それだけが原因ではなく、エッジの立ったクープは一度や二度の試し焼きでは
そうそう安々とは上手くいくはずもなく・・・の結果です。

断面の気泡も成型時にちょっとガス抜き過ぎてるし・・・さぁもう一度。

製パン意欲が湧く湧く、さすが「武蔵」でした。
[PR]
by honoka176 | 2008-11-05 17:45 | 手作りぱん

武蔵filsオーブン

e0030587_2226795.jpg
置き場所を作って待っていた真っ赤な武蔵filsがついに家にやってきた。
毛布に包まれ、らくらく引っ越し便に乗って、はるばる愛知から。
到着してから中も外も掃除してあげたら、スッキリきれいになりました。

思っていたよりコンパクトでありながら庫内は意外に広い!
バケット3本はいけるかな?と思いきや「詰めれば4本でもいける。」と
フランスにブーランジェ修行に出る以前の持ち主からのアドバイス。
オプションで買ったとスリップピールも一緒に付けてくれたので
これでハード系のパンは楽々窯の中に入れられるのが嬉しい。
それに憧れのスチーム機能も付いている。

ただ予熱に時間がかかり過ぎ・・・(1時間〜1時間半)
しょうがないね、家庭用100V仕様だから。

これからはここ穂の香教室でいいパン焼いてね、
私も頑張るのでよろしく頼むよ、武蔵くん!
[PR]
by honoka176 | 2008-11-03 22:39 | 教室の様子