京都城陽市にある自家製天然酵母ぱん工房の販売と教室のお知らせブログ。since2005/07/20


by honoka176

プロフィールを見る

教室の詳細です!

レッスンスケジュール
 スタートレッスンこちら
 自家製酵母レッスンこちら
 パン旬レッスンこちら

オンラインショップ(パン通販)ぱんほのか panhonoka

教室販売カレンダーこちら

リンク
  パン教室ナビ
  料理教室検索クスパ

カテゴリ

全体
ぱん販売について
教室の様子
手作りぱん
手作り発酵菓子
手作り料理
パン修行
お料理修行
素敵な出来事
おいしい情報
家族
ぱんな出来事
教室の様子

検索

外部リンク

以前の記事

2017年 09月
2017年 03月
2017年 01月
more...

<   2008年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

お隣町「宇治」

e0030587_1729857.jpg
中村藤吉本店にお使いものを買いに行って来ました。
この暑さの中でも、宇治はさすが若い観光客で賑わっているよう・・・
車で約10分で行けるのですが城陽とは違って平等院から三室戸寺に黄檗山萬福寺
と文化財があるので雰囲気もちょっと観光地です。
私のいつも市民検診等でお世話になる病院やふう花のカットハウスに動物病院、
何かと隣町なのでしょっちゅう用事で行くのですが、宇治橋商店街にある
ここのお店、中にもスイーツカフェもあり最近では雑誌などで宣伝されている
事もあり閉店間際の夕方5時過ぎに寄ったのですが、若いカップルが沢山でした。

京都駅ビルの巣箱suvacoにも最近出店されたり、ここ何年かのペットボトルの
宇治茶ブランド人気や宇治茶のスイーツ熱も全国的に広がって来ているので
ずいぶん昔とは変わって宇治のイメージが大きく進化している気がします。

もうすぐ8月10日は毎年恒例の『宇治川花火大会』です。
ここ何十年もすごい人出なので近寄っていなかったのですが、今年は山の上の
穴場で花火見物でもしようかと思いながら、その山を抜けて帰ってきました。
[PR]
by honoka176 | 2008-07-31 18:32 | おいしい情報

アンリ・シャルパンティエのテリーヌ・ドュ・フリュイ

e0030587_10163691.jpg
先日(15日)の観葉植物と手作り石けん教室のアシスタントをしてくれた
おともだちは実は前日に神戸から出て来てくれてました。

今から25年前の神戸在住時代、一緒に自宅パン教室に通った仲間というか
先輩なのですが、彼女はお料理もさることながらお菓子もパンも器用にこなす
食に関してのスーパーウーマンでとても頼りになる方です。

同じ団地内のパン教室だけではなくアメリカ人の宣教師の奥さんが教えて
くれていた英会話教室にも子連れで一緒に通った思い出話もしながら、
お土産のこんなきれいなアンリ・シャルパンティエのテリーヌ型ゼリーで
優雅にティータイムを過ごしました。
(彼女は自分の三男と言っている♂ワンコの「ゴルゴ」のお母さんだから、
家の二女♀ワンコ「ふう花」がとてもなついてました。)

さすが神戸(芦屋)の洋菓子メーカーのゼリーだけあって彩り鮮やかで、
形もセンスよく、『テリーヌ・ドュ・フリュイ』というネーミングも
とっても素敵だし、もちろんさすがのお味でした。
京都は和菓子老舗店はたくさんありますが、パンと洋菓子と言えば、
やっぱり何と言っても神戸ですね!
e0030587_1172794.jpg
            宝石箱のようでとってもきれい!
   今の時期は予約しておかなければ買えない位、よく売れているそうです。


またパン教室の9月の日程&メニュー 季節限定メニュー!
 を発表しましたのでご参照ください。
 9月は穂の香教室のある城陽名産のイチジクが最盛期をむかえます。
 という理由で手作りコンフィ(ジャム)とコンポート(砂糖煮)を
 メニューにしております。ランチで去年のジャムやコンポートが好評
 でしたので、ぜひこの機会にフレッシュ手作りコンフェと脱気法での
 ピン詰めもご体験ください。(冷蔵庫で1年間保存できます。)
 もう一品のメニューはコンフィにとてもよく合う「米粉パン」です。
 (今月に限りパンメニューに関しましては1種類とさせて頂きます。)
[PR]
by honoka176 | 2008-07-26 11:15 | おいしい情報

カロチーノ石けん

レッドパームオイルを使ったらオレンジ色の鮮やかな石けんができあがりました。
e0030587_17271259.jpg
手作り石けん教室の後、私とアシスタントを引き受けてくれた友だちとが
パームオイル(白)がなくなってしまったのでレッドで作りました。)

さすが、夏のこの暑さでなかなかきれいに型出しできるようになるまで固まらず、
4日目に型出し、表面を乾かし固めるのに一週間置きながらやっと
マルセイユ石けんの証しの72%刻印が昨日〜今日にかけて押し終えました。

先週の手作り石けん教室に参加いただいた皆さんもレッドパーム
(カロチーノ・パームオイル/プレミアム)をスーパーで見つけたら
ぜひ作ってみてください。
(ココナッツオイルとレッドパームオイルは三条の明治屋さんには置いてい
ます。ひまし油と苛性ソーダーは近所の昔っからの薬局でお求めくださいね。)

もともとパームオイルは石けんを溶けにくく硬くするために入れるのですが、
このレッドパームには天然のカロチンやビタミンEが豊富に含まれており
傷や荒れ性の修復を助ける効果があるそうです。
あせも&しっしん、日焼け、カミソリ負けなどにも良いので夏前には
ぜひ作っておきたい石けんですね。(ちょっと出遅れておりますが)

今でちょうど作って一週間経ちましたから今から約3週間はなるべく涼しい
部屋(1Fの北側の部屋)で熟成させます。
お盆過ぎにはこの石けんを使うのが今から愉しみ・・・060.gif

またパン教室の9月の日程&メニュー 季節限定メニュー!
 を発表しましたのでご参照ください。
 9月は穂の香教室のある城陽名産のイチジクが最盛期をむかえます。
 という理由で手作りコンフィ(ジャム)とコンポート(砂糖煮)を
 メニューにしております。ランチで去年のジャムやコンポートが好評
 でしたので、ぜひこの機会にフレッシュ手作りコンフェと脱気法での
 ピン詰めもご体験ください。(冷蔵庫で1年間保存できます。)
 もう一品のメニューはコンフィにとてもよく合う「米粉パン」です。
 (今月に限りパンメニューに関しましては1種類とさせて頂きます。)
[PR]
by honoka176 | 2008-07-24 17:46 | 教室の様子

暑い中の教室ふたつ

    20日(日)の基礎講座体験メニューの可愛い丸パンたち。
e0030587_2040275.jpg

国産小麦「はるゆたか」の粉と白神こだま酵母と水、それにほんのちょっとの塩と砂糖でとてもシンプルに仕上げた丸パンです。
こういうパンが以外に一番難しいのですが、この日は丸め基本の出来ていらっしゃる生徒さんだったのでこんなにぷっくり素敵に焼き上がりました。

   
    22日(火)のメニュー「カンパーニュ&黒糖豆乳クリームパン」
e0030587_20462259.jpg
e0030587_20481685.jpge0030587_20484584.jpg








昨日もとても暑くてクーラーを17℃に設定してカンパーニュを三つ高温で焼き切りました。(それでも気付いたら部屋の温度は30℃超え・・)
レーズン酵母も元気だったので大きく膨らんでくれたので一安心、
焼きたて天然酵母のカンパーニュもランチで味わって頂けてよかったです。

豆乳クリームは大成功であっさり美味しくできて大好評だったのですが、
白神酵母をレーズン酵母の液種に変えたので発酵が思うように進まず
今ひとつ納得の出来ではなくて今日の生徒さんには次回のリベンジサービス
メニューにして頂こうと思っています。

またパン教室の9月の日程&メニュー 季節限定メニュー!
 を発表しましたのでご参照ください。
 9月は穂の香教室のある城陽名産のイチジクが最盛期をむかえます。
 という理由で手作りコンフィ(ジャム)とコンポート(砂糖煮)を
 メニューにしております。ランチで去年のジャムやコンポートが好評
 でしたので、ぜひこの機会にフレッシュ手作りコンフェと脱気法での
 ピン詰めもご体験ください。(冷蔵庫で1年間保存できます。)
 もう一品のメニューはコンフィにとてもよく合う「米粉パン」です。
 (今月に限りパンメニューに関しましては1種類とさせて頂きます。)

そして昨日の豆乳クリームパンを受けて頂いた生徒さんにはもう一品,、白神酵母で
豆乳クリームパンをリベンジしましょうね!^^

夜のベーグル講座
[PR]
by honoka176 | 2008-07-23 21:12 | 教室の様子

観葉植物寄せ植え&手作り無添加石けん教室

15日は天然酵母パン教室穂の香での夏の特別教室ふたつが無事終了しました。
e0030587_1828594.jpg
この暑さを吹き飛ばす涼しげで空気を浄化してくれる素敵な観葉植物の寄せ植え。
自宅ガーデンショップの「樹っこ」のお友だちが講師で来てくれました。
e0030587_18292414.jpg
     レッドパーム油を使用したらオレンジ色の石けんになります。
e0030587_18311985.jpg

午前中は部屋を爽やかにするグリーンの「観葉植物寄せ植え」を、
そして仕込んであった粉1.2kgの全粒粉ベーグルの成型を皆様に手伝って頂き
ケトリングし(茹で)ながら→次々に焼成、焼きたての熱々ベーグルを囲んで
ゆっくりランチタイムといきたい所だったのですが、時間が押していたので
ランチもそこそこに午後からの「無添加手作り石けん教室」を初めました。

五人で順番に材料を計量し油と苛性ソーダー液の温度をあわせて混ぜまぜ・・
暑い夏とはいえやはりトレースが出て型入れできるまでは約1時間以上は
かかりました。皆さんひたすら混ぜる混ぜる・・
苛性ソーダーを扱うのでマスク・ゴム手袋・眼鏡・エプロンと重装備して
窓も少し開け換気もするのでクーラーガンガンでもちょっと暑かったけど
早く型入れ出来るように一気に皆さん頑張ってくれました。

後一ヶ月熟成させて待っていただければとてもお肌に優しい髪も身体も顔も
全身洗える石鹸が出来上がりますので首を長〜くしながら出来上がりを
楽しみに待っててくださいね!

本当に暑い中ご参加ありがとうございました。そして混ぜまぜご苦労様でした。
[PR]
by honoka176 | 2008-07-18 19:15 | 教室の様子

ドンク西川正見さんの一日教室

7月4日は実は2008 クープ・デュ・モンド(ベーカリー・ワールドカップ)の代表選手に選ばれた西川さんの特別教室に抽選で6名だけという難関をくぐり抜け、ドンク京都北白川店の毎年この時期に行われる『ドンクフェステバル』のイベント行事の一環で行われる特別教室に参加させていただき勉強してきました。
e0030587_21384116.jpg
午前11時から5時半までの6時間半の間に生地は5種と成型を入れたら9種類のパンを西川さんに直々に教えていただき、こんな機会はもうないのではと思いながら、
とても充実した時間を過ごして参りました。

実は西川さんは私の密かな恩師で私一人が勝手に一方的にそう思っているだけなのですが、今から6〜7年程前に素人が読めるような自家製酵母の本がまだそう出回っていなかった頃ドンクに聞けば何か教えてもらえるかもと厚かましくそしてためらいもなく電話したところ本当に時間をかけてとても親切に教えて下さったのが今年のクープデュモンドの日本代表選手に選らばれた西川さんだったのです。
選らばれたと聞いて、「やっぱり〜」とすぐ納得してしまいました。そしてお目にかかれて教えていただく事ができて感激で、またお話したらその時の事を覚えていてくだささり、ちょっとうれしかったです。

とても研究熱心な方で10年かかって研究したという若い方にも教えてないというライ麦から採取する天然酵母の種起こしを惜しげもなく今回も教えて下さる気前よさ。まぁ〜難しいので多分素人にはなかなか出来ないだろうと思ってらっしゃるのでしょうけど、また以前の電話の時と同じようにとても親切で丁寧にみんなに教えて下さいました。
整理もおさらいもまだ出来ていませんが一人でも絶対にやってみようと思っています。

『人柄がパンの味や形に出る』ってこの事なんだなぁとつくつぐ思いました。
やっぱり想像通りのとても勉強熱心な素敵な方でした。

最後に西川さんからみんなに今日の教室の記念に頂いたクープ・デュ・モンドのバッチの写真のアップです。^^
e0030587_2219328.jpg

ここで日本チームのヴィエノワズリーの写真や飾りパン画像が少し紹介されています。
[PR]
by honoka176 | 2008-07-10 22:31 | パン修行

7月のパンの勉強

e0030587_237050.jpg
今月勉強したパンの「夏野菜のフォカッチャ」、生のトマトとなす、かぼちゃ、
パプリカどれもこれも火を入れたらとっても甘くなり下の全粒粉生地によく
合います。もう少しで梅雨が明けて夏本番もまじか、今お店でもやっぱり
こんな夏野菜をたっぷり使ったパンが売れ筋だとか・・・
e0030587_238880.jpg
教室にはパン職人の方もいっしょなので売れ筋商品レシピをお勉強しました。
パン生地の上にはインド料理店の特製ソースをたっぷり塗って夏にピッタリ
の味に仕上げています。

More
[PR]
by honoka176 | 2008-07-08 23:05 | パン修行

ピタパンとバナナマフィン

e0030587_631512.jpg
風船のようにぷーっと大きく膨らんだピタに、ぎっしり野菜とファラフェル
欲張って詰めて・・焼きたては最高においしかった。
e0030587_036163.jpg
バナナの酵母もぶくぶくとっても元気よく、生バナナをたっぷり入れて焼き上げた天然酵母マフィン、とてもぷっくり形よく、砂糖もバターもほんの少しなのに何故かリッチな味わい。
今日の「ピタ&マフィン」の教室も焼きたてのとびきりのおいしさで大満足の一日でした。

ちなみにピタの中に入っているファラフェル野のはな工房・5月のSecond class
のレシピをtampopoさんに今回教えていただいて、初トライしたメニューで、
今日の生徒さんも作った本人の私も感動物でした。
とてもひよこ豆だけで作ったとは思えないミート感覚な味です。
さすがピタの故郷の中東の食べ方、ファラフェルをポケットに詰め込むと
本来のピタパンの姿を垣間見たような、大げさですが異国の文化に触れたような
気さえしました。
tampopoさんから「ちょっとしたサプライズよ」とは聞いていましたが、それは
本当でした!
[PR]
by honoka176 | 2008-07-02 00:34 | 教室の様子