京都城陽市にある自家製天然酵母ぱん工房の販売と教室のお知らせブログ。since2005/07/20


by honoka176

プロフィールを見る

教室の詳細です!

レッスンスケジュール
 スタートレッスンこちら
 自家製酵母レッスンこちら
 パン旬レッスンこちら

オンラインショップ(パン通販)ぱんほのか panhonoka

教室販売カレンダーこちら

リンク
  パン教室ナビ
  料理教室検索クスパ

カテゴリ

全体
ぱん販売について
教室の様子
手作りぱん
手作り発酵菓子
手作り料理
パン修行
お料理修行
素敵な出来事
おいしい情報
家族
ぱんな出来事
教室の様子

検索

外部リンク

以前の記事

2017年 09月
2017年 03月
2017年 01月
more...

<   2008年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

京都パン屋巡り

      押小路通室町東入の『Filp up』(フリップ アップ)では・・
e0030587_17143658.jpg

      ベーグルとイタリアのロゼッタ、フォカッチャ生地のパンが多く
            フランス系ハードパンは少ない   
e0030587_17155044.jpg

       河原町今出川西入南側の『eze bleu』(エズ・ブルー)では・・
e0030587_17161782.jpg

       フランスパンの種類が多くフランスの粉のバケットや
       リュステック、カンパーニュ,ハード系も豊富
e0030587_17165995.jpg


お天気もよく植物園の賀茂川のほとりで散歩しながらふう花と味見した『Filp up』の
「ハーブウインナー入り黒ごまザルツシュタンゲン」と「ダークチョコベーグル」
    どちらのお店もそれぞれに個性を出した店作りをしていて魅力的、
           味の方もかなり高レベルでした。
e0030587_17291160.jpg
e0030587_1718882.jpg
e0030587_17183475.jpg


More
[PR]
by honoka176 | 2008-03-27 17:11 | おいしい情報

寿三郎の世界とぜんぶフィデルのせい

e0030587_22534155.jpg

今から35年前、NHKのテレビ連続 人形劇『新・八犬伝』で
一躍有名になった辻村寿三郎さんの新作人形展〜平成アールデコ〜に
出掛けてすっかり寿三郎の世界に魅了されてきました。

招待券を頂いて京都高島屋の7階グランドホールで24日(月)までの
開催だったので、あ〜もう終わってしまう〜と慌てて行ったのですが、
もちろん里見八犬伝の人形たちの展示もあり懐かしく、
源氏絵巻縁起も魅力的でしたがやはり一番目を見張ったのは
新作のきもの姿の異国の美女たちや1920年代のパリのキャバレーを
彷彿とさせる「アールデコ」スタイルの踊り子たちだったのではないでしょうか・・

そして「平成の娘たち」の人形も今時の若者が着物姿になっている様を
生き生きと表現していて、とても74歳だと思えぬ若い鋭い観察力には
本当に驚かされました。

寿三郎さんが人形作りに使っている着物や帯の生地や小物にいたるまで全て、
どこでどうして手に入れているのだろうと思いながら見ていたら
着物の生地は主に東寺の弘法さんで手に入れるのだとか書いてあったので
東京から寿三郎さんが買いに来てるのかしらってびっくり・・
人形を作る訳でもないのに私も弘法さんに宝物探しに行ってみたくなりました。

午後からは一緒に行った友だちのリクエストで四条烏丸の京都シネマ
2006年フランス映画「ぜんぶ、フィデルのせい」(監督:ジュリー・ガヴラス)を
鑑賞。「ぜんぶ、カストロのせい」というタイトルになるはずの映画。

70年代の内乱や革命(キューバ革命、チリ社会主義政権成立、
スペイン・フランコ独裁、パリ・五月革命)のことが背景になっているのに、
世の中の情勢による革命一家の生活の変化を少女の視点で
わかりやすくとても見やすい映画に作られていたらしいのですが、
そういう予備知識なしに観たのでちょっと難しかったのが正直な感想。
でも主人公の9歳の少女アンナ役の女の子と弟役のやんちゃな男の子がとても
可愛くて印象的。
家に帰ってきてから映画の解説をネットとかで読んで調べてなるほど〜と
ようやく理解できたという女性監督による社会派映画でした。

この日もちなみに雨降り、最近出掛ける日が続けてお天気が悪い・・・
そろそろ桜前線上昇中なので、今度出掛ける日はお天気の良い事を祈ろう。

More
[PR]
by honoka176 | 2008-03-22 19:12 | 素敵な出来事

ムンク展

e0030587_11182142.jpg

テレビで「ムンクのイメージをくつがえす楽しい展覧会でした」という
感想を聞いて「それはぜひ行ってみたい!」と興味が出てきて
先週の14日(金)、あいにくのお天気でしたが神戸在住時代の
お友だちとムンク展をじっくり見てきたました。

エドヴァルド・ムンク(1863〜1944)といえば愛、死、不安、絶望を
探求し続けた画家、『叫び』は誰もがよく知っていますが
他の絵はと言うと、あまり知られていないのではないでしょうか?

今回のこの展覧会はオスロ市立ムンク美術館の所蔵作品を中心に、
フリーズ(frieze、装飾帯)としてまとめた点に特徴があるそうです。
会場は実際の建築物の壁に飾られたようにムンクの作品が
展示されていました。

意外な展開でとても見応えがありムンクの「叫び」以外の
たくさんの作品に触れることができとても良かったと思います。

近くならもう一度ゆっくり行ってみたいと思う程、
五年前に移設された灘区の兵庫県立美術館の会場も新しく近代的で
とても会場も広くてきれいでした。

ムンクの装飾物として描かれたテーマごとの絵画の数々は
飾る場所や依頼主の希望やテームに添いながらも
ムンクの強い個性が所々に垣間見れる点は興味深く、
その個性が出過ぎて依頼主の意向に沿っていないと拒否された絵画群や
全体で生命のありさまを示す一連の装飾的な絵画を大きな壁画としてとらえ
壁に飾る組み合わせや順番を試行錯誤しながら自身が決定したという
装飾プランまでもが大きく取り上げられた展覧会は世界的にも
初めての試みだそうです。

ノルウェーからはるばるやってきたたくさんのムンクの作品に
記念すべきこの日に出会えた事は貴重な体験だったと思います。

誕生日のお祝い
[PR]
by honoka176 | 2008-03-16 11:15 | 素敵な出来事

やまぼうし

e0030587_20314169.jpg

e0030587_20185570.jpge0030587_20191573.jpg










ふたりの友だちと約束続きになって昨日に逢った友だちに
連れて行ってもらった『やまぼうし』ってお店に今度は私が
今日遊びに来てくれた友だち誘って二日続きでランチしてきました。
(大根とチキンのクリームシチューが甘くてあっさりしていて
おいしかったです。さっそく家でも大根を取り入れてみよう)

ご夫婦と息子さんで一緒に経営されている家庭的なお店。
建物の裏には池があって、お店の大きな窓から池の見えるカウンター席に
座ったら店の中を背にするのでおしゃべりに集中でき
誠に都合良いのですが、ついつい長居してしまい二日目の今日は
ちょっと短めに、といっても1時間半はいたかな・・?(どこが短めやねん)

陶芸家のご主人と絵画家の奥さんが経営されているお店らしく出される食器は
ご主人の手作りのお皿や器、庭には壷にお花がさりげなく生けてあります。
お店の雰囲気も素敵でこの後出てきたコーヒーカップも手作りの一点物ばかり、
周りを見渡しても同じものなどありません。

売り物のカップもお客様から依頼されても同じ物は決して
作らないのがご主人の強い主義だとか・・・
「一客¥3,000円でいいですよ」とか言われたけど私も気に入ったカップが
一つしかなかったので「一客ではね・・」ってことであきらめました。
全て違うデザインの手作り陶器で味わうおいしいランチ、そして尽きない
おしやべり、そして外は晴空の春陽気、良い気分転換になりました。

あ〜そうそう,昨日食べた「ふたりランチ」¥2,900も
サラダとエビフライ(自家製タルタルソース添え)にパスタとオムライスに
コーヒーにシフォンケーキ付き、もちろん二人分の量だから一人¥1,450。
特にオムライスが卵とろとろでとっても美味しかったですよ。

「やまぼうし」
最寄: 京田辺
電話: 0774-62-5090
住所: 京都府京田辺市田辺尼ケ池1-1
定休: 日曜定休
平日: 11:30 - 15:00
土曜: 11:30 - 17:00
料理の種類 オムライス / 欧風料理/ランチおすすめセット¥1,000

庭の花
[PR]
by honoka176 | 2008-03-13 19:50 | おいしい情報

パンの勉強−3月

e0030587_1647541.jpg
いつもながら朝から夕方までの長い長い一日の勉強でした。

気温が低くても力の強い酵母、酒種を使った「柚子入りあんぱん」
自家製の柚子ピールは粒あんと一緒になると何とも懐かしい味、
パン生地に酒粕から作った種が入っているので香りよくとても和なパンです。
もうパンというより和菓子に近い風味と発想。
この酵母はスーパーで売っているあの酒粕から簡単に起こせるのですよー!
もちろんインスタントドライイーストとかは使わずにパンができちゃいます。

e0030587_1655316.jpg
マスカルポーネチーズに生ハムをサンドした「ホシノ酵母のチャバタ」
ホシノ酵母でハード系のチャバタ???って思われるかもしれませんが・・・
これがまた特殊な製法で最初はドロドロの生地をパンチを4回も繰り返しながら
だんだん腰のある生地に繋いでいくやり方なのでホシノなのに比較的短時間で
仕上がりいつもながら目からウロコ・・とても勉強になります。

e0030587_1782182.jpg
このチャバターはいつも私が「たまき亭」のパンの中で良く買う
「フランスパンの中にパターが折り込んで焼いてあるパン」の応用バージョンなのです。
焼き上がったパンにバターをはさむのとは全然違ってバターも焼いているので
とても香りが良くて本当に美味しいの・・大好きなパンなだけにとても嬉しい〜
偶然にもこの製法を教えていただけたのは今日の一番の収穫だったかな・・・

e0030587_17242935.jpg
これまた1〜3日で簡単に出来るヨーグルト酵母を使った
「くるみ入り国産小麦のセーグル」(ライ麦入りのパン)、
ヨーグルト酵母もこうして作ると本当に早くブクブクしてくるんだ〜
という技を教えてもらい、これまた目からウロコ状態・・(@@)

さっそく帰ってきて自宅で種継ぎしているカスピ海ヨーグルトでさっそく
やってみたら本当に一日でブクブクしたのでビックリです。

e0030587_17361167.jpg
もう今日なんて気温もずいぶん暖かくて春めいてきたので酵母も発酵するのが早い早い。
パン作りにも最適な季節になってきたのはとても嬉しいことです。

e0030587_17423163.jpg
酵母はバッチリ4種類も元気に育っているので、あとは私のやる気のみ・・・
[PR]
by honoka176 | 2008-03-06 16:46 | 手作りぱん