京都城陽市にある自家製天然酵母ぱん工房の販売と教室のお知らせブログ。since2005/07/20


by honoka176

プロフィールを見る

教室の詳細です!

レッスンスケジュール
 スタートレッスンこちら
 自家製酵母レッスンこちら
 パン旬レッスンこちら

オンラインショップ(パン通販)ぱんほのか panhonoka

教室販売カレンダーこちら

リンク
  パン教室ナビ
  料理教室検索クスパ

カテゴリ

全体
ぱん販売について
教室の様子
手作りぱん
手作り発酵菓子
手作り料理
パン修行
お料理修行
素敵な出来事
おいしい情報
家族
ぱんな出来事
教室の様子

検索

外部リンク

以前の記事

2017年 03月
2017年 01月
2016年 09月
more...

<   2008年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

マルセイユ石けん

e0030587_4494561.jpg

今から1000年以上もの昔からフランスの地中海沿岸のマルセイユで伝統製法で
作られている石けんを『マルセイユ石けん』といいます。

日本の台所では石けんを作るなんて習慣はありませんがヨーロッパやアメリカでは
食事の片付けが早く終わったら「今日は石けんでも仕込もうか・・」と
石けん作りが始まるのは珍しくない話だそうです。

私も昨年暮れ石けんづくりを習ってからこの写真に写っている前田京子著
「オリーブ石けん、マルセイユ石けんを作る」の本を買い求め、近所の図書館で
色んな石けん作りに関する本を借りあさり、頭に石けん作りを叩き込みながら
通販で油類などの材料も揃えて、やっとこさ作ったこの白いマルセイユ石けん。
使い心地のみならず作るのにも心を奪われてしまったみたい・・053.gif
最近の私の頭の中は石けん作りの事がぐるぐる駆け巡っています。

仕込んでやっと一週間たったので牛乳パックの型から丁寧に出して
72%の刻印を押してみました。

でも何故、何が72%?と思われるでしょう。
マルセイユ石けんはその昔、オリーブオイルが全体の72%、後の28%は水分
というのが正規の配合で「72%」は良い石けんの証しのような刻印なのです。
こんなふうに本物のフランスのマルセイユ石けんに押されているのかどうかは
定かではありませんが、この刻印が入ればうちの台所で作られた石けんでも
(レシピの配合はきちんと油分72%になっているのですが)
本場フランスの伝統のマルセイユ石けんのように一度にグレードアップ、
とてもかっこ良くなったでしょ?
でも刻印を入れるとカットするのがもったいないような気がしてなりません。

本当は切って熟成させた方が早く乾いて固くなるのですが、このまましばらく
丸々熟成させて1〜2ヶ月くらい過ぎた頃から徐々にカットして楽しみながら
使うなんてのもありかな・・?
               060.gif

トレースが出るまで頑張る!
[PR]
by honoka176 | 2008-01-20 13:26 | 素敵な出来事

2008年のお正月

ご挨拶遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。
マイペースなブログではありますが、今年も昨年同様おつきあいの程、
何卒よろしくお願い致します。
お天気もよく穏やかな静かな新年の幕開けでしたが皆様それぞれに良いお正月を
迎えられた事と思います。
我が家も例年通りの寝正月で特別なごちそうもなく、ぐうたら過ごしております。
e0030587_8545041.jpg

とりあえず黒豆(奮発して丹波産)、お煮しめ、ごまめ(今年のはアーモンド入り)
とこの三品は我が家の定番おせち、そして丸餅のとろけた白みそのお雑煮と。
紅白のかまぼこ、食べてなくなった伊達巻きや数の子も添加物のない生協で
買って済ましました。
お重の右下の小鉢は「ヤーコンのきんぴら」です。
tampopoさんの記事にもあるヤーコンなのですが見かけはサツマ芋、切れば大根、
味はまるで果物の梨か林檎です。甘さたっぷりのシャキシャキした食感の
みずみずしいきんぴらになってとても美味しかったです。

e0030587_20581660.jpg
暮れのお料理教室で習ったばかりの「サラダ風なます」が彩りよく食卓の見た目も
おせちの味のバランスにも一役かってくれたようです。
気分だけでもお正月を感じられたらいいかと思う気持ちで作るので毎年こんな
簡単なお節になってしまいます。

e0030587_20563148.jpg
そして今年のお雑煮は白みそにしました。断然、私は味噌効果で身体の芯が温まる
白みそ派です。(我が家は夫が関東人なので角餅のすまし派なのですが・・)
この西京白みそのお雑煮、出汁の味がきいてそしてほんのり甘くてとろけた丸餅と
京芋とほうれん草がとてもよく合いお腹の中が温かくなるのを感じて我ながら特に
今年のは美味しいと感じました。

年々、自分で作って思うのですがおせちやお雑煮の良さは歳を重ねなければ理解
できないのかもしれないということ。
大晦日から友だちと年越しすると出掛け二日夜になって帰宅した息子は「雑煮や
なます、かまぼこも嫌い」と言って食べないし数の子、黒豆、煮しめにも魅力を
感じてない様子です。
何だか労力使ってばかばかしくなりますが私も思い起こせばおせちや雑煮の良さが
本当に理解できるようになったのはつい最近のような気がするので、しょうがない
のかもしれません。
作り続ければ子孫にいつかこの良さや意味が伝わると信じ、そして新年のけじめと
して自分のために作っているようだとつくづく感じた今年のお正月です。

食の大切さや楽しさを少しでも感じて頂けるようなブログ目指して今年も更新続けて
参りますのでまた皆様時々遊びに来てくださいね。

今年の我が家の年賀はがき
[PR]
by honoka176 | 2008-01-05 17:15 | 手作り料理