京都城陽市にある自家製天然酵母ぱん工房の販売と教室のお知らせブログ。since2005/07/20


by honoka176

プロフィールを見る

教室の詳細です!

レッスンスケジュール
 スタートレッスンこちら
 自家製酵母レッスンこちら
 パン旬レッスンこちら

オンラインショップ(パン通販)ぱんほのか panhonoka

教室販売カレンダーこちら

リンク
  パン教室ナビ
  料理教室検索クスパ

カテゴリ

全体
ぱん販売について
教室の様子
手作りぱん
手作り発酵菓子
手作り料理
パン修行
お料理修行
素敵な出来事
おいしい情報
家族
ぱんな出来事
教室の様子

検索

外部リンク

以前の記事

2017年 03月
2017年 01月
2016年 09月
more...

<   2007年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

京のパン屋

京都には最近、町家を改装したお店が増えつつあります。
ここ河原町今出川、出町の『ルーク・アオイバシ』も、その一つ、前々から気になっていたので、たまたま近くで用事がありちょうどお昼でもありちょっと立ち寄って2階のイートーインでカツサンドとペットボトルのアイスティーでランチしました。
e0030587_1441030.jpg

窓から見える景色は賀茂川の葵橋近辺、この橋の一つ下(南)の出町橋とそのもう一つ下の賀茂大橋との間に大原から流れて来ている高野川との合流地点があり、そこから初めて鴨川となる訳なのですが、この二本の川が一つになる所が「出町柳」なのです。(この近辺の川沿いの並木に本当に柳が植えられている。)

私がまだ母と一緒に叡電(京福電車)に乗ってここ「出町柳」まで買い物に出て来ていた小学校の頃はまさに字の如く「出町」はお店がたくさん集まるちょっとした町だったのです。
今でこそスーパーで洋服や靴や鞄、下着に至るまで何でも手に入りますが、昔はここに来ないと買えないものがたくさんあって「出町行こか〜」と母から言われると嬉しくてわくわくしたものでした。
先日紹介した「コーヒーの輸入食品」も、豆餅で有名な「ふたば」も昔っからここにあり河原町や四条のデパートに行く程じゃない日頃の買い物は出町で済ます、今でいうスーパー感覚の場所だったように思います。

町家の2階の窓からの景色を見ながら1階で買ったパンを食べ、懐かしい昔を思い出したり、町家の良い所だけを残してリフォームされた店内を(許可をもらって)数枚撮影したり。
2階はお客さんだけになるので結構自由にゆっくり過ごせて、ちょっといい休憩場所みっけーです。

e0030587_146334.jpg
e0030587_1465557.jpg
無理にヨーロッパを意識した店構えより京の町にはこんな地味でさりげない町家風のパン屋さんがよく似合うようです。
肝心のパンの味はまじめに作ってあって成型も丁寧、きれい、種類もまぁまぁたくさんあるし、もちろんおいしいのですが、値段が多少高め・・・
京都はどこに行っても食べ物は高めなのは通常なのですが、パンまでもか〜・・とちょっとその点が気になったかな?・・・ 

そしてもっと天然酵母のパンの種類があればいいのですが、イースト中心の割と標準的なパン屋さんって印象。
でもイートインスペースサービスを買って、再度行こうかなぁーって気にさせます。

More
[PR]
by honoka176 | 2007-07-31 14:41 | おいしい情報

9ヶ月ぶりの再会

数えてみるともう去年の秋にフランス研修旅行に行ってから9ヶ月も経ち、
その間リフォームのおかげでバタバタ落ち着かない日々、長かったうような、あっという間だったような、振り返えれば快適に暮らせるように、もっと言えば快適にパンが作れるようにするためのリフォームだったのですが工事中はいつものペースで生活できないストレスとその後の片付け疲労からの復帰に時間がかかり最近ようやく少しづつ2階にできたパン工房でパンを焼く静かな時間やペースを取り戻しつつあります。
やっぱりパンが元気に発酵するのを見ながらさわって感じながら最後にオーブンの中で目一杯膨らんでくれる姿を見るのは何度体験してもワクワクして嬉しくて幸せな気分になります。何だかこの気分は子育てまたは子供をお腹の中で育ててる感覚、自分の作ったパンは見栄えは悪くてもかわいい我が子、すべて愛おしく感じる・・・
と言う訳でその昨年のフランス旅行でお友だちになった方が岡崎市からわざわざ遠い我が家のNewパン工房に遊びに来てくれました。なので又またいつもの極めたいメニューである「雑穀ごはん食パン&ゴーダチーズ入りパン・バナナマフィン」を一緒に作って楽しい時間を過ごしました。
私よりパン作り歴は長い先輩なので二人で楽しくおしゃべりしているうちに訳なくいい感じにふっくらかわいく焼き上がりました。
e0030587_20195927.jpg

おみやげに持って来てくれたダーシェンカのパンたち!
e0030587_20343062.jpg

昨年のフランス旅行とは第5回目のダーシェンカ名物海外体験ツアー『フランス・パン店突撃・スタッフ体験旅行7日間』に参加したわけなのですがダーシェンカの石窯天然酵母パンを食べたのは実はこれが初めて、とても嬉しくて美味しくて感激しました。

味わえば味わう程、素材のこだわりが伝わり遠赤効果で焼き上げた石窯パンの優しさに癒され改めて石窯のすごさを思い知らされぜひ私も石窯でパンを焼いてみたくなってしまいました。
そして今の我が家にはとても石窯なんて作るスペースはないけど手間暇かけて石窯で焼くパン、そんな優雅な時間と場所を持つ事にも憧れてしまいます。
こうしてパンを通して色んな素敵な出会いがある事にも感謝の一日でした。

みんなパンが好き、パンを作るのが好き、共通の目的があるのですぐにお友だちになれてほんとうに私はパンの不思議な魅力と魔法にまた々、引き込まれてしまいました。

ランチメニュー
[PR]
by honoka176 | 2007-07-23 21:35 | 手作りぱん

珈琲と京番茶

e0030587_1719977.jpg
先日雨がよく降りしきっている京都の河原町通りから四条通を久しぶりに車で走ったら、歩道のアーケードにちょうちんのデスプレイが・・・
「鉾建ても、もうそろそろやなぁ〜」耳を澄ましてもまだコンチキチンが聞こえては来てないようでしたが、もちろんBGMですが鉾が建て始められると四条通が「コンチキチン〜♪」の音色で包まれ祇園祭一色となります。

e0030587_17221177.jpg
京都と言えば「京番茶」!学生食堂からうどん屋、由緒正しき高級料亭に至るまでどこに行っても決まって出て来るのがこのお茶なのです。
私が初めてこのお茶を飲んで衝撃を受けたのは小学校5年生の時、今まで飲んでいたお茶と全然違う実に個性的な焦げ味、遊びに行った友だちの家で大きなやかんの中から注がれたお茶がこのお茶でカルチャーショックを受けたのを今でも鮮明に思い出します。
そして家に帰って伊勢出身の母に話をすると「あ〜あの仏さんくさいお茶か〜?線香のような匂いがするしあんまり好き違うわ〜」って言われて結局うちの常用茶としては一度も登場しなかったのですが、心の中でこの焦げた味、うーんちょっと確かに線香のような煙たいスモーキーな香り、「私は嫌いやないのになぁ・・・」て心の中で思っていたのを最近友だちの家で飲む機会があって思い出して、この何ヶ月前からすっかり私の常用茶となっています。
袋の裏には「煙草のような香りのお茶」って書いてもあるように本当にビックリする程焦げた茶葉が特徴で煙草は飲まないので私にはわかりませんがよく似た匂いがするのでしょう!?だから本当に煙草のように癖になるのか毎日1.5リットルのやかんで湧かして一人で楽勝、足りない位で飲みほしてしまってます。
でも癖になっても煙草のように「百害あって一利なし」どころか「カフェイン、ゼロで利尿作用大」とても健康的です。

禁煙したくてもできない意思の弱いスモーカーの方、このお茶を飲んでぜひ禁煙にチャレンジしてみてください、成功するかもしれないですよ。

e0030587_17252143.jpg
そして京都でイノダや小川コーヒーも有名ですが私はもっぱら河原町今出川下ルの「出町輸入食品」の『ゴールドマウンテン』珈琲(以前はブルーマウンテンブレンド)。
サービス券を使えば100gが400円で買えて本当に香り高くておいしいのです。
昔から店の前を通るとコーヒーのすご〜い良い香りがして、つい誘われてふら〜っと入ってしまうという京都では有名なお店です
それに店頭で出される試飲のコーヒーと試食の輸入菓子(チョコレートやクッキー)のサービスも楽しみのひとつ、又々ついジャムやチョコをついで買いしてしまいます。

e0030587_174476.jpg
サービスで頂いたネルドリップで今回入れてみたら、ペーパーとは一味違う濃くのあるまろやか味に仕上がりペーパーのように使い捨てではないので、よく水洗いしてネル生地についたコーヒーエキスの酸化防止のために容器に水をはって浸けて冷蔵保存しなければなりません。
おいしく飲みたかったら手間ひまは惜しんではいけない、
どんな食べ物にでも共通に言えることなのですね〜!

大きい声では言えないけれど
[PR]
by honoka176 | 2007-07-07 18:26 | おいしい情報

梅雨の朝

e0030587_22402773.jpg
気が付けば一昨日から7月に入って梅雨も中盤戦、このところ梅雨らしいうっとうしい日が続いて各地で被害も相次いでいるようですが、後約2週間の我慢です。
私は知らず知らずにいつも梅雨明けの日を祇園祭を基準に考えてしまうのですが、今年はどうなんだろう?
例年なら宵山が16日山鉾巡行は17日これが終われば梅雨明け宣言となる訳なのですが・・・

カラっと晴れれば心も晴れて自然とからだも軽く家事もはかどるのに、気分も晴れないじめ〜っとした梅雨の朝には見た目だけでも明るく、甘〜く冷たいアイスクリーム添えワッフルのブレックファースト。(なんてそんな洒落たものではないですが)
朝から食欲のない息子はアイスクリーム添えではなく、バター+ジャムで食べていましたが、天然酵母のワッフルはそれだけで味と香りがあるので味わい深くておいしい。

ワッフルは型で圧縮して焼くので今回は強力粉オンリーで作った生地は引きが強く冷めたら少々固くなってしまって食べにくかったのが反省点。
次回はやっぱり薄力粉と半々くらいの配合にし、サクっと軽く砂糖の量もちょっと減らしてやってみよう。
こんな気分も身体も重くなって食欲もなくなってしまう梅雨、せめて食べ物だけでもあっさりと軽くのどごしの良いものを食べ、いやでもやって来る今年の猛暑(噂では)に備えたいものです。
[PR]
by honoka176 | 2007-07-03 23:59 | 手作り発酵菓子