京都城陽市にある自家製天然酵母ぱん工房の販売と教室のお知らせブログ。since2005/07/20


by honoka176

プロフィールを見る

教室の詳細です!

レッスンスケジュール
 スタートレッスンこちら
 自家製酵母レッスンこちら
 パン旬レッスンこちら

オンラインショップ(パン通販)ぱんほのか panhonoka

教室販売カレンダーこちら

リンク
  パン教室ナビ
  料理教室検索クスパ

カテゴリ

全体
ぱん販売について
教室の様子
手作りぱん
手作り発酵菓子
手作り料理
パン修行
お料理修行
素敵な出来事
おいしい情報
家族
ぱんな出来事
教室の様子

検索

外部リンク

以前の記事

2017年 09月
2017年 03月
2017年 01月
more...

<   2007年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

キッチンの片付け

e0030587_159487.jpg
リフォーム中はお菓子作りももちろんパン作りも休憩を余儀なくされてしまったので賞味期限の迫っているものや切れてしまった材料が台所の棚の中を整理したら出てくるは、出てくるは・・・(><);
だからパンのお友だちの「ひんやりおやつー、よもぎ白玉あんみつ」に影響を受けて作ってみました。
まずはよもぎ白玉に粒あんに京きなこをかけて「よもぎ白玉」
(乾燥よもぎと白玉粉に消費完了。京きなこの残りは冷凍)


e0030587_16364562.jpg
富澤商店でネット購入したお買得品だった500g入りの黒豆も圧力鍋で全部煮てしまって3/4は冷凍、後はまずは黒豆クレープで・・・
粒あんと生クリームが合うんだから黒豆だって合わない訳がない。甘みあっさりに仕上げた黒豆だから「北尾のくろみつ」かけ甘さを足して「う〜ん、なかなかくろみつ効果で黒豆がおいしい〜」


e0030587_17145043.jpg
粉寒天は日持ちするとはいえ昨年の粉寒天ブームに乗って買ったものでさすが冬にはいくらダイエットに効果があっても体が要求しなかったのですっかり忘れていましたが、この季節、こう蒸し暑い日が続くとゼリーや寒天は自然と食べたくなるものです。
黒豆とアイスクリームを足して「クリーム黒豆あんみつ」!


e0030587_17295377.jpg
黒豆の煮汁をゼラチンでゆるめに固めて、寒天の角切りの上に黒豆と一緒にかけて「寒天黒豆ジュレ風パフェ」この黒豆煮汁ジュレにはりキュール「GODIVAチョコ」をたっぷり入れて「ラム酒」も少々足して大人の味で・・・


でもこうしてよくも次々とデザートにかける時間と情熱、我ながら感心するが(お友だちも言っていたな、同感〜)、何といっても台所の棚の中の整理が出来て心までスッキリした(体重とは裏腹に)この三日間だった。
砂糖は控えめのヘルシースイーツでも一度に食べた訳ではなく、毎日一品づつ作って食べたのですよー、念のため・・・(^^)
[PR]
by honoka176 | 2007-06-30 17:59 | 手作り発酵菓子

酵母のクレープ

e0030587_1344246.jpg
天然酵母種(今回のはバナナ酵母)を薄力粉と水で溶いてプクプクしてくるまで発酵させてからまたまた豆乳でゆるめて薄〜くフライパンで焼いたらモチモチ感たっぷりのすごく弾力のあるクレープの出来上がりです。
以前の仕事仲間のお友だちが久しぶりに家に遊びに来てくれたので、tampopoさんに今月のパン教室メニューのレシピを教えていただき、さっそく私流にアレンジしてホットプレート出してやってみました。
よくある事なのですがこの写真はその時おしゃべりと作って食べるのが忙しがしく写真撮影をうっかり忘れてて、後からフライパンでクレープ焼いてネギに加えてミョウガと大葉を足して巻いてみました。これが想像以上にとっても簡単ヘルシーなのにすごく美味しい〜!(フライパンの方がきれに円形に薄く焼けたので初心者向きです)

もちろんだし醤油を作った時に出た花かつおの乾燥させたのも大活躍、かつおに醤油味がしっかりついているので少量のだし醤油をたらして七味を振ってくるくる巻いて出来上がり!
e0030587_15144815.jpg
       鶏のしょう油煮と貝割れと甜麺醤にマヨネーズ
e0030587_15215753.jpg
           ツナマヨとスプラウト&キュウリ
e0030587_15235144.jpg
  デザートまでこのクレープを少しこんがり焼いて、和風に粒あん巻いて
e0030587_15291976.jpg
       酵母クレープのフルコースでお腹がいっぱい!


梅雨が明ければ今年も暑い夏が来ます。こうして薬味たっぷりの一銭洋食風・甜麺醤で北京ダック風の鶏クレープはビールにもピッタリ!
今度娘と約束した我が家のウッドデッキビアガーデン、好きな具をセルフでくるくる巻いて簡単なのに、なかなかのごちそうメニュー・・これに決定〜!(^^)
[PR]
by honoka176 | 2007-06-25 16:02 | 手作りぱん

梅雨の合間の晴れた日

e0030587_21354341.jpg
先日作った「ダシ醤油」の出し殻というと聞こえが悪いのですが、昆布に焼きアゴ(トビウオを乾燥させ焼いたもの)に干し椎茸。ついでに生椎茸を乾燥させて干し椎茸にしようと思って並べて干してみました。
もちろん削り節もダシ醤油を作るのに使用したのですが、削り節は電子レンジで簡単綺麗に乾燥できるので自然乾燥の必要なし。昆布と椎茸、アゴに関してはレンジで乾燥させると醤油やみりんがしみ込んでいるのでパイパチとすぐ焦げてしまい、やっぱり天日干ししかないかーと100均一で見つけたガーデニング用の釣り籠にキッチンペーパー敷いて今日は乾燥デー!

e0030587_228937.jpg

新しくできたウッドデッキは南向きだから日当り抜群!もちろん洗濯物も布団もたくさん干せるし、こうして何でもよく乾燥するので次の梅雨の合間の晴れた日狙ってプチトマトを干してドライトマトにチャレンジしてみよう〜(^^)

そして結局・・・
[PR]
by honoka176 | 2007-06-23 22:22 | 手作り料理

バナナマフィン

e0030587_0122467.jpg
昔は高級品だったけど今はもっとも手軽で安くて一年中売っているバナナ。
フィリピン産のバナナは安いが農薬が気になる、台湾産の無農薬バナナを極力買いたいと思うがこちらは値段が2倍はする、とは言っても他の果物に比べれば安い物・・・今ではこんな庶民の食べ物となったバナナですが私の母の幼い頃(戦前)はもちろんバナナは貴重品だったので終生ずっと好物でした。そのせいかバナナを使ったお菓子やパンを作ると母が喜んでくれたので今でも私のレシピには無意識にバナナがよく登場します。

このマフィンは先日バナナから起こしたバナナ酵母を種継ぎして作ったもの。
バナナ酵母自体とても元気な酵母なのでお菓子にしてもベーキングパウダーに頼らなくてもこんなにぷっくりしたマフィンが出来上がります。
酵母で膨らんでいるのでお菓子というよりやっぱりパンって感じかなぁ〜
e0030587_0475040.jpg
ひとつはラム酒漬けドライフルーツ入り(手前)、もうひとつはチョコチップ入り(奥)、どちらもバナナと相性がとてもいい!
砂糖とバターがいっぱい入った一般的なマフィンとは違い、あっさりしているのに味わい深い、後を引く味です天然酵母マフィン!
[PR]
by honoka176 | 2007-06-20 01:05 | 手作り発酵菓子

ブルーベリー畑のレストラン

e0030587_1327565.jpg
何年か前にお友だちから「ジャムは食べないけど、このジャムだけは家族のみんなも喜んで食べるの!」って頂いてから、私もみずみずしくおいしいブルーベリージャムと出会い、HPと人からの話でしか知らなかったブルーベリーフィールズ紀伊國屋に念願かなって訪れることができました。
昨日、穂の香工房でパン作りしてその後宿泊されたお二人を案内してというか迷いながらというか、自宅から約1時間半、山ん中の急な坂道を登りきった場所までのドライブです。
そのかいあって想像していたように琵琶湖を見下ろす山の中腹にあるブルーベリー畑のレストランに到着し、お天気にも恵まれ素晴らしい眺めと心のこもった有機野菜のお料理・天然酵母のパン・最後はデザートとハーブティーの贅沢なランチ、おしゃべりしながら頂き、優雅な至福の時を過ごせました。

e0030587_13553553.jpg


後半のお客様のために準備されているハーブバターを乗せるための可愛いプレート。
e0030587_13555773.jpg
         自然のお花が添えられているのに感激〜!
 
e0030587_14512536.jpge0030587_14515662.jpg





お料理も天然酵母パンも美味しくて満足したのですが2階のレストランに通じる階段の踊り場にもこんなさりげない可愛いお花の心遣い・・・雰囲気もとっても素敵なレストランでした。

月替わりの季節メニューなのでまた誰かを誘って行ってみたいなぁ〜・・・

お料理の写真
[PR]
by honoka176 | 2007-06-02 21:40 | おいしい情報

ぱんのあとりえ穂の香

いよいよ今日から6月、2階にできた新しいアトリエ穂の香のプレオープンの日です。
お天気にも恵まれ三人のお客様は遠く倉敷・豊橋そして大阪からばらばらなのでいったん京都駅で待ち合わせて家に来てくださりました。
みんな自宅でパンやお料理の教室をされている先輩の面々、いろんな貴重なアドバイスをくださる有り難いお客様なのです。
今日はパンを三種類作る予定にしていたのですが、部屋の片付けで力尽きて材料の準備がまったく2階に運こべてなくバタバタでしたが、先輩の面々の力は恐るべし!
段取りもよく素晴らしい手さばきで材料さえ私が2階に運べば見る見るパンは醗酵し何とかその日の内に三種類の天然酵母のパンが出来上がりました〜!
e0030587_2032546.jpg
e0030587_2164951.jpg

白神こだま酵母で作った『十穀ごはん食パン』十穀米を柔らかめに炊いたごはんが30%も入っているのでほんのり甘〜く、どっしりもっちりしたかみ応えのあるパンです。
個人的には薄くスライスして玉子サンドにして食べたらとてもおいしい〜
e0030587_2059653.jpg
カレンツレーズンから起こした自家製酵母で『胡桃とイチジクのカンパーニュ』
e0030587_2132893.jpg
成型を丸く変えると目が詰まって食感も変わります。
使用した粉は昨年秋にフランス研修のお店から頂いて持ち帰ったフランス産100%のトラデッショネルな粉、扱いが難しいと言われていたのですが、みんなパンの先生だから別にそうでもなく、おいしいパンの出来上がりです。
黒砂糖を使ったせいで粉の香りが消されてしまい素朴な粉の味が判らなくなってしまったのはちょっと残念でした。
使う粉の違いでレシピの改良が必要と課題がたくさん残りましたが、私自身は色んな意味で良い勉強になった一日でした。
先輩方々にはお世話かけてしまいましたが、無事パンも私の希望も膨らんだ記念すべき日になって感謝の気持ちで一杯です。
e0030587_2365531.jpg
e0030587_23154311.jpg

時間ぎりぎりまで発酵させて焼いたバナナ酵母のマフィン!
後1時間位は発酵を取ればもっと膨らんでくれたかも・・・バナナそのものを潰したペーストが入っているのでほんのり甘く香り高い。
ベーキングパウダーで膨らましたバターたっぷりの高カロリーマフィンとは全然違う素朴な味です。私はこのマフィンはかなりお気に入り、再チャレンジメニューとなったので何度か試作を重ねmyレシピを制作しなくては・・・

昨日の記事の玄関とウッドデッキに寄せ植えを作ってくれたお友だちが言っていた言葉なのですが、お花は毎日目をかけ枯れたお花を摘んで水をあげる『毎日お花を見てあげるのがいつまでもきれいに咲かせるコツかな〜』って。

この言葉は酵母やパン生地の世話と共通する部分がとてもあります。
愛情を注がなければきれいな花やおいしいパンは生み出せないってことですねー!
[PR]
by honoka176 | 2007-06-01 19:17 | 手作りぱん