京都城陽市にある自家製天然酵母ぱん工房の販売と教室のお知らせブログ。since2005/07/20


by honoka176

プロフィールを見る

教室の詳細です!

レッスンスケジュール
 スタートレッスンこちら
 自家製酵母レッスンこちら
 パン旬レッスンこちら

オンラインショップ(パン通販)ぱんほのか panhonoka

教室販売カレンダーこちら

リンク
  パン教室ナビ
  料理教室検索クスパ

カテゴリ

全体
ぱん販売について
教室の様子
手作りぱん
手作り発酵菓子
手作り料理
パン修行
お料理修行
素敵な出来事
おいしい情報
家族
ぱんな出来事
教室の様子

検索

外部リンク

以前の記事

2017年 09月
2017年 03月
2017年 01月
more...

カテゴリ:おいしい情報( 21 )

ほうじ茶ゼリー

e0030587_10261877.jpg

昨日、お天気も良く車の中が暑かったので、
宇治の中村藤吉本店の横を通り急に思い出してちょっと寄り道。


ほんとうは「生茶ゼリィ抹茶」が有名なんだけれど・・
季節限定だから「ほうじ茶ゼリー」。
こちらも甘さ控えめでほうじ茶の味が立ってます。
[PR]
by honoka176 | 2009-11-07 10:43 | おいしい情報

伏見の水

e0030587_2234844.jpg
e0030587_223494.jpg
先日21日(土)近くまで子供の大学の卒業式に出てきたと神戸のお友だちから
連絡が入り待ち合わせたのがこの伏見の近くの「中書島駅」。
まずは月桂冠大蔵記念館を一回りし近くの鳥せいで食事しました。
その隣にあるのが白菊水、前から話には聞いていたのですが飲んだのは初めて。
(水を汲みに来る人で常に列が途切れない程の有名水)

伏見は昔から"伏水"と書かれたほどに桃山丘陵から流れ出る良質の地下水に
恵まれておりその中でも伏見の七つ井戸の一つに有名な清酒「神聖」の仕込み水
である"白菊水"があります。
この水は湧き出たそのままの天然水を酒造りにも使用しているそうで、さすが
今までに味わった事のない、まったりとした、いかにもお酒に合いそうな水、
まろやかで美味しい!
お酒の発酵に有効ならパンの発酵にも使えるかと思い、次は汲みにいきたいなぁと
思っていた所、偶然は重なるもので3日後の24日に別の神戸時代のお友だちから
今は東京在住で関西に遊びに来たとの連絡が入り、京都駅で一緒に又また食事を
となった帰りに立ち寄るチャンスが意外に早くやって来たので、この日は車に
積んでいたたくさんの容器に白菊水をついに汲む事ができました。

なので昨日の教室のパンの仕込み水に使ってみましたが、心なしかいつもと
少し味が違っていたような(?)気がします。

これからは車で片道約20分、いつも列を作って4〜5人は並んでいるので
待って汲んで帰りの時間も入れて1時間かー、う〜ん、やっぱり少し遠い・・・

でも、時間があれば汲みに行く価値は大いにある水だと思うので、
たぶん、きっと、私、近いうちに又、汲みに行ってパンを焼くと思います。
美味しい水を知ってしまうと・・・
[PR]
by honoka176 | 2009-03-29 22:09 | おいしい情報

お隣町「宇治」

e0030587_1729857.jpg
中村藤吉本店にお使いものを買いに行って来ました。
この暑さの中でも、宇治はさすが若い観光客で賑わっているよう・・・
車で約10分で行けるのですが城陽とは違って平等院から三室戸寺に黄檗山萬福寺
と文化財があるので雰囲気もちょっと観光地です。
私のいつも市民検診等でお世話になる病院やふう花のカットハウスに動物病院、
何かと隣町なのでしょっちゅう用事で行くのですが、宇治橋商店街にある
ここのお店、中にもスイーツカフェもあり最近では雑誌などで宣伝されている
事もあり閉店間際の夕方5時過ぎに寄ったのですが、若いカップルが沢山でした。

京都駅ビルの巣箱suvacoにも最近出店されたり、ここ何年かのペットボトルの
宇治茶ブランド人気や宇治茶のスイーツ熱も全国的に広がって来ているので
ずいぶん昔とは変わって宇治のイメージが大きく進化している気がします。

もうすぐ8月10日は毎年恒例の『宇治川花火大会』です。
ここ何十年もすごい人出なので近寄っていなかったのですが、今年は山の上の
穴場で花火見物でもしようかと思いながら、その山を抜けて帰ってきました。
[PR]
by honoka176 | 2008-07-31 18:32 | おいしい情報

アンリ・シャルパンティエのテリーヌ・ドュ・フリュイ

e0030587_10163691.jpg
先日(15日)の観葉植物と手作り石けん教室のアシスタントをしてくれた
おともだちは実は前日に神戸から出て来てくれてました。

今から25年前の神戸在住時代、一緒に自宅パン教室に通った仲間というか
先輩なのですが、彼女はお料理もさることながらお菓子もパンも器用にこなす
食に関してのスーパーウーマンでとても頼りになる方です。

同じ団地内のパン教室だけではなくアメリカ人の宣教師の奥さんが教えて
くれていた英会話教室にも子連れで一緒に通った思い出話もしながら、
お土産のこんなきれいなアンリ・シャルパンティエのテリーヌ型ゼリーで
優雅にティータイムを過ごしました。
(彼女は自分の三男と言っている♂ワンコの「ゴルゴ」のお母さんだから、
家の二女♀ワンコ「ふう花」がとてもなついてました。)

さすが神戸(芦屋)の洋菓子メーカーのゼリーだけあって彩り鮮やかで、
形もセンスよく、『テリーヌ・ドュ・フリュイ』というネーミングも
とっても素敵だし、もちろんさすがのお味でした。
京都は和菓子老舗店はたくさんありますが、パンと洋菓子と言えば、
やっぱり何と言っても神戸ですね!
e0030587_1172794.jpg
            宝石箱のようでとってもきれい!
   今の時期は予約しておかなければ買えない位、よく売れているそうです。


またパン教室の9月の日程&メニュー 季節限定メニュー!
 を発表しましたのでご参照ください。
 9月は穂の香教室のある城陽名産のイチジクが最盛期をむかえます。
 という理由で手作りコンフィ(ジャム)とコンポート(砂糖煮)を
 メニューにしております。ランチで去年のジャムやコンポートが好評
 でしたので、ぜひこの機会にフレッシュ手作りコンフェと脱気法での
 ピン詰めもご体験ください。(冷蔵庫で1年間保存できます。)
 もう一品のメニューはコンフィにとてもよく合う「米粉パン」です。
 (今月に限りパンメニューに関しましては1種類とさせて頂きます。)
[PR]
by honoka176 | 2008-07-26 11:15 | おいしい情報

京都パン屋巡り

      押小路通室町東入の『Filp up』(フリップ アップ)では・・
e0030587_17143658.jpg

      ベーグルとイタリアのロゼッタ、フォカッチャ生地のパンが多く
            フランス系ハードパンは少ない   
e0030587_17155044.jpg

       河原町今出川西入南側の『eze bleu』(エズ・ブルー)では・・
e0030587_17161782.jpg

       フランスパンの種類が多くフランスの粉のバケットや
       リュステック、カンパーニュ,ハード系も豊富
e0030587_17165995.jpg


お天気もよく植物園の賀茂川のほとりで散歩しながらふう花と味見した『Filp up』の
「ハーブウインナー入り黒ごまザルツシュタンゲン」と「ダークチョコベーグル」
    どちらのお店もそれぞれに個性を出した店作りをしていて魅力的、
           味の方もかなり高レベルでした。
e0030587_17291160.jpg
e0030587_1718882.jpg
e0030587_17183475.jpg


More
[PR]
by honoka176 | 2008-03-27 17:11 | おいしい情報

やまぼうし

e0030587_20314169.jpg

e0030587_20185570.jpge0030587_20191573.jpg










ふたりの友だちと約束続きになって昨日に逢った友だちに
連れて行ってもらった『やまぼうし』ってお店に今度は私が
今日遊びに来てくれた友だち誘って二日続きでランチしてきました。
(大根とチキンのクリームシチューが甘くてあっさりしていて
おいしかったです。さっそく家でも大根を取り入れてみよう)

ご夫婦と息子さんで一緒に経営されている家庭的なお店。
建物の裏には池があって、お店の大きな窓から池の見えるカウンター席に
座ったら店の中を背にするのでおしゃべりに集中でき
誠に都合良いのですが、ついつい長居してしまい二日目の今日は
ちょっと短めに、といっても1時間半はいたかな・・?(どこが短めやねん)

陶芸家のご主人と絵画家の奥さんが経営されているお店らしく出される食器は
ご主人の手作りのお皿や器、庭には壷にお花がさりげなく生けてあります。
お店の雰囲気も素敵でこの後出てきたコーヒーカップも手作りの一点物ばかり、
周りを見渡しても同じものなどありません。

売り物のカップもお客様から依頼されても同じ物は決して
作らないのがご主人の強い主義だとか・・・
「一客¥3,000円でいいですよ」とか言われたけど私も気に入ったカップが
一つしかなかったので「一客ではね・・」ってことであきらめました。
全て違うデザインの手作り陶器で味わうおいしいランチ、そして尽きない
おしやべり、そして外は晴空の春陽気、良い気分転換になりました。

あ〜そうそう,昨日食べた「ふたりランチ」¥2,900も
サラダとエビフライ(自家製タルタルソース添え)にパスタとオムライスに
コーヒーにシフォンケーキ付き、もちろん二人分の量だから一人¥1,450。
特にオムライスが卵とろとろでとっても美味しかったですよ。

「やまぼうし」
最寄: 京田辺
電話: 0774-62-5090
住所: 京都府京田辺市田辺尼ケ池1-1
定休: 日曜定休
平日: 11:30 - 15:00
土曜: 11:30 - 17:00
料理の種類 オムライス / 欧風料理/ランチおすすめセット¥1,000

庭の花
[PR]
by honoka176 | 2008-03-13 19:50 | おいしい情報

御座候

e0030587_21471848.jpg

冬の寒い日に買ってもらうと嬉しくて、そして持ち帰る手をカイロがわり暖めながら
家路を急いだ幼い日の懐かしい想い出が詰まった「太鼓まんじゅう」。
またの名を「今川焼き」、そして一般的には「回転焼き」、色々な呼び名で親しまれ
昔から市場やスーパーの出入り口付近の屋台で売られていた庶民的お菓子。

用事があって通った新大阪駅の改札口近くで『御座候 ござそうろう』を見つけ思わず嬉しくなって電車の時間も迫っているのに立ち寄って買って帰りました。
さすが改札口の隣のお店だけあって手際よく早いのにビックリ〜!
そして相変わらず1個70円と安いので尚ビックリ!
注文してから20秒位で箱に入れ包装紙で包んでショッピング袋に入れて
渡してくれたので電車に飛び乗り最速で家に着き、さっそく箱を開けてほんのり
まだ温かい今川焼を夕食前なのに一個ほうばってしまいました。

ここの白手亡餡はもちろん小豆餡と同じく北海道十勝産で甘過ぎずあっさりとても
美味しいの・・・*^^*
小豆好きの私ですがここ御座候の餡は白手亡餡の方が好きかも・・
でもどちらも美味しくてその上、値段もお安くて家族のお土産におすすめです!

京都では伊勢丹1Fもしくは高島屋地下にあり私はいつも四条の高島屋で買ってます。
言わずと知れた御座候は昔からのファンの方は多いでしょうが、まだ食べたことの
ない方は御座候HPの中の店舗案内で近くのお店があればぜひ一度お試しを・・
たっぷり餡があんこ好きにはたまりません!全国たくさん出店があるようです。(^_^)

e0030587_2237326.jpg

[PR]
by honoka176 | 2007-12-21 22:38 | おいしい情報

インフルエンザ対策

e0030587_2222464.jpg

今年はインフルエンザが例年よりも1〜2ヶ月も早く流行っているそうです。

去年というか今年の4月の始めに私はインフルエンザに感染しエラい目に合った
ばかりなのにもう今年のインフルエンザがやって来ているなんて・・!
今年のウイルスはまた新しい型のAソ連型だとかさっきのニュースで言ってました。
毎年人間が色んな型の抗体を次々作るので、どんどん強いウイルスに進化してきて
いるんだととか・・恐い話です。
かかって間がなく記憶に新しいのでインフルエンザと聞くだけでぞ〜っとします。
過去2回かかったことがあるのですが、一度目は20年以上前(まだ若かった頃)、
2度目が今年の4月です。
さすが今年のは自分の体力が弱っていて完治するのに一ヶ月近くかかったので
あれはもう二度とかかりたくない病気。
とにかく対策としては予防接種には近いうち行くつもりでいますがまずは手っ取り早く手洗いとうがいにこののど飴でのどを潤してインフルエンザ対策です。

この のど飴、先日紅葉狩りに行った時にお友だちから頂いて教えてもらったのですが、昔から梅肉エキスで有名な梅丹本舗 から出ているのど飴でまずは梅肉に黒糖、
カリンにハーブ、ハッカとのどに良いものばかりが絶妙にブレンドされていてとても
おいしく、何個なめても飽きない味がとても気に入りました。
のど飴ってハーブの味が苦手という人がいますがこれは全然それがきつくなく程良く
効いていて梅肉エキスと黒砂糖の味のバランスもよく、飴の大きさも小振りなのも
さらに良い。後口もさすが梅エキスの酸味が残ってさっぱり爽やか。

でもこの飴、友だちから教えてもらった薬局(キ○ン堂)にしか売ってなくて、
いくつかあるキ○ン堂の中でも城陽店でしか取り扱いがないらしく色々薬局を探し
まわってもここにしかなかったそうだ。
城陽店なら家からすぐ近くなのでさっそく買いに行ってこの2、3日朝昼晩と一日
3個くらいづつなめていて、いたってのどの調子もいい感じ。

お菓子メーカーののど飴よりは260円とちょっと値段は高めですが身体とのどにいい
成分からできていて何より甘すぎないのがおすすめです。
ただこの梅肉本舗の商品、在庫を引き取ってもらえないメーカーと店側の内部事情が
あるそうで取り扱いのある薬局が少ないのが難点。
みなさんの近くの大手ドラッグストアーまたは自然食品のお店で一度探してみて
ください。

とにかく風邪は乾燥が一番の大敵!
できれば電車などの人混みではマスクをするのも効果的、最近ではジェルシートを
マスクに入れてのどを潤す「保湿マスク」なるものが売られているそうです。
のど飴とマスクでまずは風邪予防をしましょっと・・(^_^)/
[PR]
by honoka176 | 2007-12-04 23:59 | おいしい情報

プロのパン

懇親会の後、堂島ホテルのベーカリーで買って帰った天然酵母レトロバケットと明太子フランスにかぼちゃのクリームパン。
e0030587_14513070.jpg
明太子フランスとかぼちゃクリームは残念ながら私の口に入らなかったので感想は言えませんがこの天然酵母バケット気泡が大きくもっちり皮はさすがにバリっとクープはパカっと開いていてとても美味しかったです。
実はこのホテルのこのベーカリー部門にお勤めされている30うん歳の独身のTさん(男性)も宝塚のパン教室に通われていて、その方の紹介で今年の教室の懇親会が堂島ホテルで行われたのです。
そして帰りに先生も含め皆で見学を兼ねベーカリーに立ち寄り「教室で習ったパンがあるある〜これこれ・・」っていう私たちの声に先生が「声が大きい、シー」と騒ぎながら買ったパンです。

e0030587_1526137.jpg

断面はこの通り、
気泡がいっぱい。

e0030587_15272851.jpg







これは先日私が焼いた天然酵母バケットとカンパーニュ。
バケットは断面だけ見たら結構気泡がたくさん入った方なのですが、とてもクープの入った全体の姿は比べ物にはならないのでお見せできません。

e0030587_15392480.jpg

大阪から帰った日の夕食は前日に作って二日間煮込んでトロトロになっているコラーゲン満点の『スジ肉カレー』とこの堂島バケットでした。
このバゲットの端のカリカリの部分でカレーをすくって食べたらとても相性が良く美味しかったー・・この画像は家族用のライスカレーですが私だけはバゲットカレーだったのですよ。味見のために買ったり練習に焼いては冷凍庫にたまる一方のパン、夕飯でも消費しなければいっこうに減りませ〜ん!(><)
[PR]
by honoka176 | 2007-11-17 16:06 | おいしい情報

堂島ロール

e0030587_934814.jpg
この二つの堂島ロールの右側、焼き印のある方は一昨日(15日)に私の通う宝塚のパン教室の懇親会が大阪北の堂島ホテルでありその時のお土産(ハーフ)です。
そして左側は堂島ロールで一躍有名になった堂島ホテルのお隣のお店「モンシュシュ」さんのものです。(一週間前より予約可)
どちらもとろけるようなスポンジとクリームで甲乙付けがたいお味。

それもそのはず、昔、堂島ホテルで修行された方が今は独立してモンシュシュのお店を持たれロールケーキを作って売られたら今では「堂島ロール」と全国的に有名になったとか。
どちらもネーミングは「堂島ロール」みたいなのですが・・・
こうして比較してみるとクリームの量がホテルの方が多いです。カステラ生地の卵の風味も何だかホテルの方がより強いような気がします、が口溶けの良さとフワフワ感はモンシュシュさんの方が良いように感じます。冷蔵庫に入れて翌日、時間がたってもその柔らかさは断然モンシュシュさんでした。
でも目をつぶって食べたらわからないくらい、どちらも美味しくて味も甘さ具合もとてもよく似ています。

『”幸せ”を表す黄色と白ののうずまき、”永遠”を表す筒型のロールケーキは我が国独自の文化財。』
この言葉、モンシュシュの堂島ロールの箱に書いてあったのですが、ロールケーキって日本人が考えた日本の洋菓子だったのか・・?
フランスでは『ルーロー (rouleau)』 あるいは、『ルラード (roulade)』 と称するクリスマスケーキの一種である、ビュッシュ・ド・ノエル(「クリスマスの薪」の意味)の台にも用いられているらしいのですが、こういう日本のような形では確かに売られてはいませんよね。
今では色んな生クリームがロールしてあって気軽に食べれる家庭のおやつですが、私が幼かった頃はジャムやバタークリームがロールしたあって日持ちも多少するしお土産に頂くよそ行きのお菓子って感じだったように思います。(40年位も前の話)
という訳で二つのロールケーキを食べ比べながら久しぶりにスイーツを堪能したのですがもう一人生まれて初めて生クリームを堪能した者がおります。

e0030587_10263568.jpg
ほら、この通り・・・二切れを食べ比べようと薄く切りローテーブルの端にお皿を置いた私が悪かったのですが、テーブルに手をかけ背伸びをして真ん中のクリームだけをペロペロ。
私がテーブルに近寄って「あー」っと声を発する前にそそくさとソファーの下に逃げる姿で犯人は愛犬のふう花だと一瞬にしてばればれです。
初めて食べた生クリームの味がよっぽど美味しかったのかまわりのカステラには目もくれず一心になめていたのだと思うと可笑しくなります。
でもよくまぁーこんなに器用にきれいに生クリームだけを食べたものだと感心したので記念撮影してしまいました。
その後もロールケーキをカットする度、台所まで飛んで来て私の足もとでお行儀よくお座りします。
何だかカステラの美味しさに気付かなかったのがちょっとかわいそうになって、ほんの少しだけカステラのかけらを口に入れてやったら嬉しそう・・・子供に甘い親、いやいや犬に甘い飼い主でした。

パン教室の懇親会
[PR]
by honoka176 | 2007-11-17 11:08 | おいしい情報