京都城陽市にある自家製天然酵母ぱん工房の販売と教室のお知らせブログ。since2005/07/20


by honoka176

プロフィールを見る

教室の詳細です!

レッスンスケジュール
 スタートレッスンこちら
 自家製酵母レッスンこちら
 パン旬レッスンこちら

オンラインショップ(パン通販)ぱんほのか panhonoka

教室販売カレンダーこちら

リンク
  パン教室ナビ
  料理教室検索クスパ

カテゴリ

全体
ぱん販売について
教室の様子
手作りぱん
手作り発酵菓子
手作り料理
パン修行
お料理修行
素敵な出来事
おいしい情報
家族
ぱんな出来事
教室の様子

検索

外部リンク

以前の記事

2017年 03月
2017年 01月
2016年 09月
more...

原点に戻って

今月の教室の勉強はいつもに増して考えさせられたり感じるものが沢山でした。
まずは何と言っても私の中のメインはこのパンの原型である『エジプトパン』。
スペルト小麦(古代小麦)から作られたとても素朴だけど味わい深いパンです。
e0030587_6445290.jpg
先生のアレンジで醤油ダレを焼きたてに塗ったので、さらに香ばしく
日本人好みの味になりましたがエジプト人はこの醤油ダレをどう思うだろう・・?
なんて古代エジプトでパンが食べられていた時代に思いを馳せながらそして
「私はなぜに美味しいパンを作れるようになるために日々努力する?」と原点に
戻らされたそんな一日でした。
スペルト小麦の良さを知れば知る程、そんな原点のようなパンを焼くには
何をどうしたらよいのか、そして何を勉強したら良いのか、今まで少し目的が
ぼやけていたところがよりはっきり見えてきた思いになりました。




e0030587_763726.jpge0030587_7114275.jpg「毎日3種類の同じパンを焼くと勉強になる」という昨日の先生のお言葉、
毎日パン生地に触れていないと手と身体が覚える感覚はなかなか養えないということなのですね。たくさん失敗して間違うと必ず頭に入ります。いっぱい失敗するまでパン作りする、手と身体が覚えるためには毎日3種は無理でも一日一回はパン生地を触る努力は必要不可欠ということ、日々精進あるのみです。
[PR]
by honoka176 | 2008-09-06 07:11 | パン修行