京都城陽市にある自家製天然酵母ぱん工房の販売と教室のお知らせブログ。since2005/07/20


by honoka176

プロフィールを見る

教室の詳細です!

レッスンスケジュール
 スタートレッスンこちら
 自家製酵母レッスンこちら
 パン旬レッスンこちら

オンラインショップ(パン通販)ぱんほのか panhonoka

教室販売カレンダーこちら

リンク
  パン教室ナビ
  料理教室検索クスパ

カテゴリ

全体
ぱん販売について
教室の様子
手作りぱん
手作り発酵菓子
手作り料理
パン修行
お料理修行
素敵な出来事
おいしい情報
家族
ぱんな出来事
教室の様子

検索

外部リンク

以前の記事

2017年 03月
2017年 01月
2016年 09月
more...

いとこ煮

e0030587_11553972.jpg

秋になると自然と身体が要求しますねーこんな甘〜いおかず(?)、おやつ(?)これは一体どっちなのかしら・・・明日はハロウィンだからではないのですが、日本では昔から冬至にこれを食べると身体に良いと言われているお惣菜なのです。
実は私も初めて作ったのですが新聞に紹介されていたのを見て、たまたま冷蔵庫に南瓜と小豆もあるしこれは身体に良さそうーだし、この粋なネーミングに感激しながら(ちょっとたいそう)、それに昔の人は季節の野菜を本当に上手に組み合わせ料理を考えるんだ〜と感心もしながら作ってみました。

まず小豆を柔らかくなるまで鍋で煮ます。もちろん「ゆでこぼし」(一度煮立ったらあく取りのため煮汁を捨てる)して再びお湯を入れ柔らかくなるまで煮て砂糖と塩で味付けしておく。
南瓜は別の鍋で水と砂糖とみりん・しょうゆ・塩で柔らかくなるまで煮て最後に別に煮た小豆を南瓜の鍋の中に入れて合わして一煮立ちさせたら出来上がり!
とても簡単な料理ですが南瓜と小豆の旨味と甘さが身体をほっこりさせる懐かしい味、お腹も心も温まる一品です。

ところでこの粋なネーミングの『いとこ煮』、なぜ南瓜と小豆がいとこなのかわかりますか?
両者似たような味のでんぷん質だからと解釈する説もありますが、かたさの違う野菜を鍋の中に次々につまりおいおい入れながら、めいめいに炊く。
おいおい、甥と甥、めいめい、姪と姪でいとこってことなのです。な〜んだって思わすネーミングですよね。それにこれってなるほど〜なんて感激したけど、よく考えてみるとただのダジャレ(?)

それにしてもカボチャと小豆、両方ともずいぶんと身体に良い食品です。
カボチャはカロチンを含み粘膜を強くして抵抗力を付けてくれるし、
小豆は昔から毒消しといわれ繊維などが身体に悪いものを一緒に体外に出してくれるデトックス効果抜群でビタミンB群も豊富、疲労回復にも効果が有ります。特に便秘の方には勧めたいメニューです。
これだけ良いことが揃えば冬至に食べると良いって昔っから言われているのが納得です。
[PR]
by honoka176 | 2007-10-30 13:05 | 手作り料理