京都城陽市にある自家製天然酵母ぱん工房の販売と教室のお知らせブログ。since2005/07/20


by honoka176

プロフィールを見る

教室の詳細です!

レッスンスケジュール
 スタートレッスンこちら
 自家製酵母レッスンこちら
 パン旬レッスンこちら

オンラインショップ(パン通販)ぱんほのか panhonoka

教室販売カレンダーこちら

リンク
  パン教室ナビ
  料理教室検索クスパ

カテゴリ

全体
ぱん販売について
教室の様子
手作りぱん
手作り発酵菓子
手作り料理
パン修行
お料理修行
素敵な出来事
おいしい情報
家族
ぱんな出来事
教室の様子

検索

外部リンク

以前の記事

2017年 09月
2017年 03月
2017年 01月
more...

私の原点、『レーズン酵母のカンパーニュ』

ワンデーパン旬レッスンの日程増えました!→072.gifこちらから


e0030587_20221254.jpg


e0030587_20225729.jpg


今から約20年前、小さな町のパン屋さんに一週間に一度だけ並ぶ、
丸くて大きなパンが売ってました。
もちろんハーフもあって、たぶん最初はそれを買ったのだったと
思いますが、食べるたびに、
「なんでこのパンは他のパンと味が違うのやろ??
噛めば噛むほど味があり、私の好きな固めの食感...、
癖になる味のパンやわぁ。」って大好きになり、
仕事帰りには、そのパン屋さんに寄っては、
そのパンを見つけると、必ずそのパンだけを
丸々一個、買って帰りました。
(20年前でも、確か一個700円。当時では、高かったです。)

ある日、そのお店のレジで奥さんにどうしてこのパンは一週間に
一度しか棚に並ばないのか尋ねてみると、
「このパンは、レーズン酵母で作っていて、酵母を作るのに一週間、
とても時間がかかるから。また、焼けたら電話入れましょか?」と
言ってくれました。

それが「レーズン酵母」という言葉を耳にした初めだと思います。
私は一瞬にして「すごい!酵母が自分で作れるんや〜!」と
興味を持ち、「その酵母を私も作って、パンが焼きたい。」と
率直にそう思いました。

パンが焼けたら連絡してくれるという事も嬉しかったけれど、
それより「レーズン酵母でパンが焼ける」って事を教えてくれた事が
何より衝撃的で、その時のパン屋の奥さんと話した光景は
今でもはっきりと記憶に残っています。

その後、ネットも情報も自家製天然酵母についての一般向けの本も
なかった時代だったので、ある大手パン屋さんの勉強熱心な優しい
職人さんに、とっても詳しくそれもとっても親切に教えていただき、
その通りに種作りし、パンを焼いて、友達に食べてもらいました。

「何ー?!このパンの味!!美味しい!ほんま味が違うー!!」って
本気で褒めてもらい、そして自分自身もほんまにそう思った、
初レーズン酵母の「シナモンレーズ丸パン」の味も忘れられません。

今はそのパン屋の店主で職人のおじさんがライ麦アレルギーに
なられたらしく、そのカンパーニュはもうお店には並んでいなくて、
今となって確かめようのない幻のパンとなってしまいましたが、
私の記憶の中だけの思い出の味、干しぶどうとクルミがいっぱい
入った「レーズン酵母のカンパーニュ」!
このパンこそが、私の自家製天然酵母のパン作りの原点です。

あの時の感激と感動を思い出し、ほのか流でこのパンを
焼いてみました。
ちょっとは近づけたかなぁ〜〜053.gif

この思い出のカンパーニュのレッスンが来週末ですが

3月26日(土)にあります。
苺の甘い香りが嬉しい、いちご酵母のパンケーキも抱き合わせ
メニューとなっております。

この苺酵母のパンケーキのレシピもかなり試作を繰り返して、
どっしりしがちな酵母パンケーキを、できる限り軽く仕上がるように
材料の微調整をしております。
レッスンのお問い合わせお申込みは072.gifこちらからどうぞ。
[PR]
by honoka176 | 2016-03-15 22:18